よくある質問

よくある質問2019-11-18T07:55:39+09:00
水道から赤い水が出たという苦情が来たのですがどの様な対応が望ましいのでしょうか?2019-07-18T13:38:31+09:00

築年数が古い建物の場合、給水管内部のどこかに錆びがあると予想されます。
錆び箇所や範囲などにより処置方法が異なり、調査は時間がかかります。
そのため、対応としてまずは住民の心をなだめ、心配していることを示す必要があります。

水道局・保健所・自治体への相談や、水質検査を行ってはいかがでしょうか?
飲用に問題なしとなれば、とりあえずは安心していただけるかと思います。

赤錆、水道管などといったキーワードで検索、相談できるところをピックアップし、早い時期に相談、調査などを依頼するしかないと思われます。
ちなみに赤錆、赤水解消のためには高圧で給水管を洗浄する、赤錆を変化させる装置を設置する、給水管そのものを更生、交換するなど状況、予算などに応じていくつかの手があります。
詳細については実際に専門家に調査してもらうしかないでしょう。
その間、入居者の方にはフィルターを利用していただく、あまり勢い良く水を出さないようにするなどの使い方での工夫をお願いしてみてください。
場合によっては多少の家賃その他金銭的な負担を考えなくてはいけないかもしれません。
もうひとつ、赤くなった水は洗濯物などに染みや色を付けてしまうことがあることもあります。

入居者が部屋に荷物を残したまま行方不明。部屋の荷物の処理について教えてください!2019-07-18T13:38:51+09:00

貸主が勝手に借主の所有物を処分すると、損害賠償を求められることがあります。
借主が明らかに所有権を放棄したものについては無主物とみなされ処分は可能となります。
リスクを回避するためには法的手続きによる処分が必要となります。
具体的には、借主に対し賃料支払いの判決を提起し、その判決に基づいて残置動産の差押競売をすることにより処分します。

台風(天災)による破損と修理費について教えてください。2019-07-18T13:39:04+09:00

台風によるアパートのガラス破損等天災による被害は、賃主・借主どちらの責任でもないため、修理費用は原則として賃主の負担となります。
ガラスが割れたこと(被害)に対して借主の善管注意義務違反がないときは修理費は貸主の負担となります。
しかし、窓に雨戸があるにもかかわらず、台風時に雨戸を閉めなかったことにより破損した場合は、借主に善管注意義務違反が認められ、ガラスの修理費は借主負担となります。

地域に根ざした不動産会社として、皆様に安心と感動を与えるために日々スタッフ全員で頑張っております。
不動産の事でお困りの方はお気軽に当社にご来店ください。