不動産売却Q&A

不動産売却Q&A2019-11-18T07:55:04+09:00
仲介依頼は専任、一般、どちらが良いのでしょうか?2019-07-18T13:40:14+09:00

1社に頼んでも、不動産会社間の物件情報データベースに情報が掲出されれば、不動産会社間では情報は共有されるため、情報の流通に関しては変わらないといっていいでしょう。
専任にはそれなりの責任がありますから、同等の条件の物件のうち、どちらを紹介するかと言ったら、専任の物件を紹介するでしょう。
ですが物件自体にメリットがあれば、どちらでも変わりません。 また、依頼するほうにとっては専任のほうが手間がかからないというメリットもあります。
専任の場合、鍵を預けておけば不動産会社で下見の手配などをしてくれますし、連絡が来るのも1社からだけ。
ところが、複数社に依頼した場合、鍵が複数ないとすると、下見の際などいちいち依頼者が不動産会社に鍵を渡すような手配が必要になるかもしれません。
あちこちから問い合わせが来るなどの面倒もありえます。
もちろん、手間をかけても早期に決めたい、あるいは1社だけでは心もとないなどの理由があれば、別ですが、本業が別にあって部屋を貸す場合には、専任のほうが手間がかからず、ラクではないかと思います。
すでに複数社回っているのであれば、その中からもっとも信頼できそうな1社を選択すれば良いのではないかと思います。
それから引越し前の広告その他ですが、問題はありません。
未完成物件では広告の時期に制限を受けることがありますが、賃貸で完成している物件であれば必要に応じて広告出広は可能です。

物件名について、どの様な名前にしたらよいでしょうか?2019-07-18T13:40:24+09:00

明るい印象、女性に受けるネーミングを考えましょう
長い名まえ、よくある名まえは避けましょう。

良いネーミングの条件とは、
・読みやすい、言いやすい、書きやすい、覚えやすいこと
・語感がいいこと
・個性的であること
・親しみやすいこと

具体的にいくつか注意したい点としては、
・長すぎないこと
バブル時に非常に長いフランス語風の物件名が流行りましたが、今はいまひとつ。
長くても15文字以内くらいが適当でしょう。

・使い古された単語を避けること
●●荘、●●アパートはもちろん、コーポ、ハイム、ハイツ、メゾンあたりは避けたいところ。
他のどんな単語を持ってきても、古めかしい、没個性な印象は免れません。

・地名、人名はできるだけ避けること
地名を使う場合、その他にどんな単語を持ってきても周囲の物件と似てしまう可能性があります。
また、よほど、変わった名字などでなければ、人名も同様です。

査定が低くても大丈夫! 買う人の立場に立って、リフォームや使い方の提案で高く売る方法があるのです。
すまいの大進なら、査定額を高くするご提案まで承ります!
不動産の事でお困りの方はお気軽に当社にご来店ください。

売却の無料査定はこちら